たそがれ やっじっじ の

陸前浜街道一人旅

その一 水戸〜枝川宿



平成18年12月5日 (火)



水戸街道終点の「旧本四町目 陸前浜街道起点」を歩き出したのは14時だった。
歩き出したものの、浜街道の細部に付いては何も分からない。ただ次の宿場が那珂川を挟んだ向こう側にある枝川宿ということだけは知っていた。
これから先は感と運と体力と、今まで培ってきた街道歩きの経験を生かして、奥州街道との合流点岩沼宿まで歩くつもりだ。何時になるかは分からないが。

陸前浜街道は日本橋から宮城県岩沼市(奥州街道との合流点)に至る街道の名前で、今の国道6号線に該当する。
江戸時代には日本橋から水戸までを水戸街道(江戸街道)、水戸から岩沼までを岩城街道(岩城相馬街道とか盤城街道)等と呼んでいたが、明治になって両街道をまとめて陸前浜街道と呼ぶようになった。
街道名としては比較的新しく、公式文書に名が残っているのは、通達が出された1872年から国道に番号制度が敷かれた1885年の間のわずか13年間だそうだ。

陸前浜街道は単に浜街道とも呼ばれている。ただ浜街道で検索すると日本中に散らばる海岸沿いの浜街道が色々出てきて返って厄介だった。だが文中では、単に浜街道と書かせてもらいます。
浜街道の歴史は古く、奈良時代に石城国(福島県いわき市周辺)に駅が設置されていたし、平安時代の千載集に「勿来の関」に関する歌が残されている。「勿来の関」は(くるなかれ)という意味の蝦夷防衛の為の関だ。
浜街道は平坦で降雪量も少なく、地理的には奥州街道以上に関東と東北を結ぶ大動脈になれたはずだが、戦国大名の勢力範囲が、江戸時代になっても残り、東北の雄、仙台伊達家は敵国である相馬藩内を通らず奥州街道に回り、より以北の大名たちは、強大な伊達家を避けて山形(陸羽街道)にまわって江戸に向かったのだ。
そんな訳で浜街道を参勤交代に使ったのは磐城平藩や相馬藩などに限られてしまい、街道沿いの物資の集積や、インフラ整備が立ち遅れたようだ。

それでも日本橋を旅立って水戸に着くまでの間、浜街道の名前と無縁ではない。水戸街道が浜街道の一部だったことを、今でもうかがい知る事は出来る。
水戸街道に残る浜街道の最初は、綾瀬川に懸る水戸橋を渡り、新宿から江戸川に向かう旧道に、貨物単線の「浜街道踏切」(新金線?)がある。つぎは金町の先の国道6号に懸る常磐線ガード、ここには「第一浜街道ガード」のプレートが付いている。我孫子追分の先で成田街道と分かれ、その先の常磐線に「浜街道踏切」がある。取手宿から藤代宿に向かう吉田消防署の横の通りに「旧陸前浜街道」の新しい立派な石碑が建っている。その先中田集落の街道案内板にも、この道がかっての水戸街道で浜街道とも呼ばれたことが書かれている。
藤代宿の手前で常磐線を渡る踏み切りも「浜街道踏切」だった。以上は、やっじっじが気がついた水戸街道にある浜街道だ。

「ハミングロード513」の外れにある浜街道起点を通り越して直進、しばらく行くと51号線に突き当たる、ここを左折、東桜川の交差点で国道を横断して、そのまま桜川を渡り常磐線を超える。

    


道は細くなるが、そのまま進むと左に「城東公民館」がある。そこには「旧中ノ町」という石標が建っていた(上右)。

    


その先を右左折、右手角にあった良く手入れされた篠竹の生垣に「市保存生垣」の標識が立てられたいた。水戸市には保存樹が沢山あったが保存生垣は初めてだ。
向かいに「旧町名、蘋町」の標識があった。始めて見る字でびっくりしたが(うきくさ)と読むらしく、かってこの地は湿地帯で浮き草が繁茂した土地だったらしい。

    


その先は、道なりに少し戻るように右折、そのとき左に道路案内板があった。今どの辺かなと眺めていたら、「県道水戸枝川線」の小さな文字が見えた。まさに天佑神助(さすが年寄り、いきなり古い言葉が出てきた)だ。
国道6号の内側、これは旧街道、浜街道の名残に間違いない。ここは右左折を繰り返す枡形になっていて、やっじっじが立っているこの道が、旧浜街道だった。

    


本当は51号線を左折してそのまま直進するのではなく、一旦右折してから左折して桜川を渡ればこの「県道水戸枝川線」にはいるようだ。だが道を間違えたお蔭で保存生垣や「旧町名、蘋町」の標識も見たわけだから怪我の功名としておこう。ここにも「旧町名 細谷本郷町」の石標があった。右手を走る国道6号の一本裏通りになる。
そのまま旧街道を歩いてゆくと那珂川の土手に突き当たり、そこには「新舟渡跡」の石標が建ち、いますこし上流にあった渡し場がこの地に移され、細谷〜新舟渡〜枝川になったと説明されていた。時刻は2時40分。
対岸では自衛隊の給水訓練?が行われていた。

    


土手上を歩いて右手にある水戸大橋で那珂川を渡り「ひたちなか市」に入る。そのまま土手上を歩き戻って「新舟渡」の対岸へ。土手下に小さなお社があり、そこから、この道ですよと言わんばかりの道が繋がっていた。

    

両側に旧家が並び間違いなくここが枝川宿だと思わせる。落ち着いた街中を抜け「かねんて」を左折、直進してバス道に出た。すぐ傍に枝川バス停があった。到着は3時05分。今日はここまでとする。
バスで水戸駅に着いたのが3時50分、喜多さんから電話が入り「おみやげ」の念押し、早速構内のお土産専門店を見つけ、ご希望の納豆、乾燥芋にやっじっじの好物「水戸の梅」を調達。 6時前に帰宅できた。万歩計を忘れてしまい歩数は0。




 水戸街道9へ戻る   水戸街道目次  トップへ